こんばんは。

兵庫県の日本海側に出石(いずし)そばを
食べに行ってきました。

8ED75640-9BF2-404B-AAE2-DBE359747B0A
【本格手打ち皿そば 近又】

出石そばの食べ方には
順番があり食べ方を教えてくださいました。

①お塩で味わう
②つゆで味わう
③薬味で味わう
④山芋で味わう
⑤たまごで味わう

小さな小皿に
「挽きたて・打ち立て・湯がき立て」の
お蕎麦が盛られてきました。

お蕎麦を順番に味わう事ができて
食べる楽しみのある出石そばでした( ◠‿◠ )

FullSizeRender


主人は山芋が大好きで
今回のお蕎麦でも
「どんな料理も山芋が入るだけで
ワンランクアップするな〜」と言います(笑

なので我が家では
山芋は売っていたら1本買っています。

(以前にも一度山芋の記事を書いたのですが
 またまた読んでもらえると嬉しいです⌒-⌒; )

FullSizeRender

山芋を使うメニューが少ない時は
美味しく使い切るために
山芋を冷凍してしまうんです。

適当な量をすりおろして

FullSizeRender


【メール便送料無料】 貝印 セレクト100 T型ピーラー DH-3000【代引き・後払い・同梱・日時指定不可】

次回に使う分量ごとに
アイラップに入れて

FullSizeRender

岩谷マテリアル アイラップ 35cm×25cm [マチ付きポリ袋 食品包装 冷凍・冷蔵保存 耐熱] 60枚 【お一人様60点限り】


それを冷凍していますよ。

FullSizeRender

そして解凍して使おうと思う時は
アイラップの角をハサミで切って
流し出します。

この方法は手も汚れないし
とっても便利ですよ。

FullSizeRender



そして冷凍しない分は
適当に切っておいて


⚫︎そのまま炒めて
 バター醤油味で食べたり

⚫︎わさび塩で食べたり
 (最近買ってみました〜)

FullSizeRender

⚫︎サラダにしたり

22D72D32-3AA8-42DB-8877-7609ECBA544A

そして残った分は
山芋に直接ピタッとラップをして
フタをして2日間ぐらいで食べ切る。

FullSizeRender



解凍した山芋は

⚫︎ただ白いご飯にかける
⚫︎冷しゃぶ
⚫︎もずくと和える
⚫︎しらす丼
⚫︎海鮮丼
⚫︎お味噌汁に入れる
⚫︎お好み焼き
⚫︎山芋のたこ焼きも美味しい😊
などなど、あれやこれやと食べています。

こうやって美味しく1本を
食べ切っています。


毎日暑い中
買い物に行って
メニューを考えて
食事作りは大変ですよね〜σ(^_^;)

メニューに迷った時の
何か参考になったら嬉しいです( ◠‿◠ )

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村







こんばんは。

今月もいつもの病院へ行ってきました。

先生と話すと
全てのことにおいて
楽に生きれば良いんだって
毎回思わせてもらえます。

FullSizeRender

病院からの帰りに
わたしのこれまでの病気に関しての事を
考えながら帰ってきました。

今日はすごく長い文章に
なってしまいました(⌒-⌒; )

お時間があれば
良かったら読んでもらえると嬉しいです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

わたしは小学生と中学生の時に
手術をした経験があります。

そして数年前には
こころの病を発症して
更年期も重なり
ずっと外に出られない生活を
送っていた時期もありました。

こんな経験をしてきたので
周りでいつも元気に動いている人を見ると
羨ましいなぁって思ったりするんですよね(^-^;

でも人を羨んでいたって
わたしが強い体の持ち主にはなれない(笑)

そんな事を考えていて
病院の帰りに思った事があるんです。


それは今この年齢になったから
思えた事もあるのですが 

『病気をしたって
悪いことばかりではなかったなぁ』と言うこと。

『わたしにはたくさんの
気付きがあったよな〜』と言うこと。



わたしが子供の頃に手術をするために
入院したのは完全看護の病院でした。

両親が面会に来れるのは
曜日も時間も決まっていたので
小学生のわたしには
寂しかったですねぇ(^_^;)


沢山の検査をしたり
痛い治療をしたりしても
そばにはずっと両親がいないから
毎日不安でいっぱい。


手術をした日も
麻酔が切れてきて
痛くて痛くてつらくても
面会時間が終わると
両親は帰らないといけない。

そうなるとわたしは看護師さんに
頼るしかなかったんです。

その時にお世話をしてくれる看護師さんたちは
皆さんとても優しかったです。

痛みと寂しさで泣いているわたしに
「moroちゃんはいっぱい泣くから
 バケツを持ってこないとね〜😂」と
言ってくれていました。
(わたしの寂しい気持ちが
 ほぐれるように・・・^^;)

そしてずっとわたしに付いてくれて
色んな話をして下さいました。

あの時のことを
わたしははっきり覚えているんですが
後になって思うと
あれが人に寄り添うということの
一つなんだなと思います。

そしてまだ小学生だったわたしは
「人には優しくしないといけないんだな」と
あの時に思ったのを覚えています。


そして退院をして
数ヶ月後に学校へ行くと
以前楽しかった学校なのに
下駄箱のところから
恥ずかしくて教室に行けなかったり。

みんなに付いていけるかな?
と言う不安がいっぱいだったりと
入院をしなかったら
経験していない感情を
次々とたくさん持っていた気がします。

でもまたそこでも
わたしの不安を
和らげてくれた先生や友達が
いてくれたりして
沢山の人に支えてもらう
と言う経験もしました。


こころの病の時も同じです。

沢山の人に支えられました。
そこで気付かされたことも
山ほどありました。

病気をしている最中は
こころから気付けていなかった事も
後になってジワジワと分かってきました。

それに気付けるように
わたしは病気になったのかな?と
思ったこともありました(⌒-⌒; )


こうして病気という
辛いことの裏側には
経験しないと分からない
気付かされるものがあるのだと思います。

わたしが小学生で入院をしている時に
完全看護でわたしのそばに居てやれないと言う
両親の辛い気持ちも
いま自分が親になって少しは分かります。


生きていたら
そりゃ〜泣いたり怒ったりする時もあるけれど

朝、目が覚めて
「おはよう」と言えて。

ご飯が食べられて。

空がキレイだなっと感じられて。

外に出ることが出来て。

主人が無事に帰ってきてくれて。

「おやすみ」と言うことが出来て。

離れているけれど娘たちがいてくれて。

あれもこれも当たり前のことに
感謝ができるようになります。


すごい事が無くても
幸せのハードルが低くなるので
幸せを沢山感じる事もできます。

病気で辛い人の気持ちも
少しは分かるかもしれません。

相談されたら
病気で辛い時のわたしなら
どうして欲しかったかな?って
考える事も出来るかもしれない。


病気をしていた時は
ただただ辛いとしか思えなかったけれど
あの時の経験が
今のわたしの糧になっていると思います。

だから病気の経験も
悪い事ばかりではなかったかなと思えています。



この記事を読んでいただいている方の中にも
もしかしたら辛い時期を過ごされている方が
いらっしゃるかも知れません。

今は辛いけれど後になったら
あれも良い経験だったなって
思える時が来るかも知れない

と、そんな風に思ってもらえたらな〜って
考えながらこの記事を書いていました(*´ー`*)


今日は長々とお付き合いを
ありがとうございました。


ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村










こんばんは。

今日は朝の涼しいうちに
各部屋のエアコンのフィルターを
洗っておきました。

リビングのフィルターが
思っていた以上に汚れていてビックリ!!

もう少し掃除の頻度を
上げたほうが良いようです^^;

FullSizeRender

スーパーに行くと
美味しそうな桃が優しい色をして
たくさん並んでいますね🍑

いつも『買おうかな〜』って
桃の前に立つけど
『ん〜、高いなぁ。
 やっぱりや〜めた!』ってなり
バナナやオレンジなどを
買うことが多いですσ^_^;

サッと買い物かごに入れてしまうおやつと
桃1個の値段はそんなに変わらない。

おやつはサッとかごに入れるのに
何で桃はなかなか買えない?
ってよく思います(笑)


せっかく季節のものだし
週末に勇気を出して
桃を2個買ったんです🍑

桃の皮を剥く時に
桃の果汁がどんどん落ちていくのが
もったいない💦

もっとサッサと皮が剥けないか?

と言うことで
最近教えてもらった方法で
桃の皮を剥いてみたんです(*^^*)

桃を手に持って
包丁の背の方で皮全体を
優しくなでていくんです。


(わたしが桃を手に持ってなでると
この写真が撮れないので
今回は下に置いてみますね^_^;)

FullSizeRender

桃の全面をなでます

FullSizeRender

なでていくと何となく
皮と実が離れている感じがわかります。

FullSizeRender

この芯の辺りもキチンとなでますよ。

FullSizeRender

全体が終わったら
桃の割れ目のところに包丁を入れます。

FullSizeRender

両手で桃を持って
包丁を入れた切れ目のところを
両手の親指で左右に開くと
ツルンとキレイに剥けました〜(*´∀`)♪

FullSizeRender

この皮がガタガタの写真を見て
「本当にキレイにむけるの?」って
思われていますよね?(笑)

写真を撮るのに
桃を触りすぎて
皮が破けてぐちゃぐちゃ(^_^;)

これは2回目の挑戦でした。

でもね最初の1個目に挑戦した時は
めちゃくちゃ上手くいって
『わっ!!すっご〜〜』って
声が出たぐらいに
キレイに剥けたんですよ。

だから本当にキレイに剥けますからね( ´ ▽ ` )

FullSizeRender


この剥き方を知ったからといって
年に何回桃を剥くんですか?
と言う話ですが
年に1回(?)2回(?)でも
これからはこの方法で剥きたい(笑

お家に今、桃があるよ〜と言う方は
一度試してみてくださいね。

きっと他にもたくさん便利な剥き方が
あると思うのですが
この剥き方も気持ちがいいですよ( ◠‿◠ )

今日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村






↑このページのトップヘ