こちらのブログを覗いていただきありがとうございます

以前の記事にもありましたが
今日も、またまたどぉ~でもいい昔のドタバタ劇です。゜゜(´□`。)°゜。

お時間があり、読んでやるかと思ってもらえる方がいらっしゃれば
お付き合いいただければ嬉しいです。すみません


先日、健康診断を受けてきました。

十数間、これぐらいの時期に毎年受けています。

でも怖がりの私は診断結果を見るのが怖くて
健康診断に行くことからして怖い
   ≪同じような方はいらっしゃいますか?(*´ -`)(´- `*)≫

なので、初めて健康診断を受けに行った日は
それはそれは大変な1日で、家に帰ったらぐったりしていました(笑)

大人になって初めての健康診断は
夫の勤めている会社からの案内が来た30代の時でした。
 

朝から緊張をしまくっていたのを覚えています。
と言うか、申し込みをした日から緊張していました。



当日の緊張は、病院の入り口から始まりました。


病院の自動ドアの前に立ったのですが扉が開かない
ギュッと力を入れて開けようとしても開かない

【なんで?日にちを間違えた? 今日は何曜日?】と、いきなりドタバタの始まり。

扉の前で申し込み用紙を確認しようと、カバンをゴソゴソ!!

顔をあげたら、中から人が出てきていたのです(◎_◎;)

【えっ!どういうこと?あの人どこから出てきた?】

よーく見ると、緊張しすぎて
私は自動で開く扉の、横の扉の前に立っていました

【あ~、恥ずかしい】

開く方の扉の前に移動。

無事に病院に入れました


次は受付で着替えをする為のロッカーのカギをもらいました

「更衣室に入って、カギに書いてある番号と同じロッカーを使ってください」
と言われたので、同じ番号のロッカーにカギをさしました。

が、またこれも開かない

鍵を上にしたり、下にしたり、何回も挑戦!
やっぱり開かない。

【これ、カギが間違ってる?】と思い
受付で確認してもらおうと
受付に戻っている途中で、私は気が付きました

開けようとしていたロッカーの番号は、
私が手に持っていた、検診表などが挟んであるボードに書いてある番号だったのです

ちゃんとカギに書いてある番号のロッカーにカギをさすと開きました。

最初の自動ドアから、いったいどれだけ時間が過ぎている?という状況

まだ何の検診も始まっていないのに・・・

ドキドキしていたので、もうかなり疲れ気味


次は採血

私は血管が細いようで何回も針をさされて
気分も悪くなってきて、またドッと疲れる

そのあと身長、体重

ここは順調


次は視力検査。

言われた通りに検査機をのぞき込みます。

検査員さん 「左目の視力検査しますね~

検査員さんは何か準備をされていたのでしょう。
検査機をのぞいたまま、何もしない時間が少し過ぎていました。

ここでまた問題発生!!

 「すみません。両目が見えません」
  ≪声は震えていました≫

検査員さん 「今はまだ機械を両方閉じているので真っ暗ですね~」
と言いながら笑われる

【あ~~、よかった~。 見えてるんや】と、このとき私は真剣でした。

後から考えると、恥ずかしくて、おかしくて・・・


次は胃の検査。

検査の前に飲むものの説明を聞きました。

ただでさえ顆粒の薬を飲むのに一苦労する私に
バリウムを飲む前の、胃を膨らませる為の炭酸のような粒の量
ありえません

飲めるかな~と、にらめっこをしてなかなか口に入れられない。

検査員さん 「どうしてもダメなら吐き出してしまっても大丈夫ですよ。
         まだあるからね」
と優しいような優しくないような言葉φ(.. )

炭酸のような顆粒を口に入れたら一瞬で発泡
飲み込もうとしたけれどなかなか飲み込めない。

必死で上を向いて、膨らんできた泡が口から出てしまわないように
泡を追いかけて飲み込みました。

は~、もう大変


次はマンモグラフィーをした後、先生とお話し。


先生 「何か、気になることはない?」

私  「背中にしこりがあって少しずつ大きくなってるんですが・・・
     (触診される間、ドキドキしていました)


先生 「あ~、これは脂肪だよ。
     気になったらとってあげるからまたおいでね」


私はきっと何か悪い物と思い込んでいたので
あまりにホッとしすぎて、先生の前で泣いてしまう

先生も看護師さんも大笑い。

若い子がこれなら可愛いけど、いい年をした主婦が・・・
本当にややこしい人でしかない

そんなこんなで、初めての検診を終えました。

他にもあるのですが、もうやめておきます

ここまでが、どぉ~でもいい初めての検診のお話でした<m(__)m>

  ☆  ☆  ☆

普通は【今年も、もう終わりだなぁ】と思うのは大みそかですよね?

でも、私はこの検査結果の再検査がなかったことを確認できた時に
初めて【今年も、もう終わりだなぁ】と思います
  (間で再検査や治療もあったけど・・・

健康診断の申し込み封筒が届いたら、まずあの日のことを思い出し
恥ずかしくて情けない自分に嫌になります

こんな迷惑をかけながらも、私が毎年検診を受けるのは

「もし何か悪い所が見つかっても
毎年受けることで、早期発見になる」
と夫に言われるからです。

検診結果を怖がって、検診を受けないことより
悪いところを放っておくほうが怖いのかなと・・・。



最後に
もし健康診断を受ける事を迷っている方がいらっしゃれば
自分と、ご家族の為にも受けられるといいな~と思います (´▽`)

最後まで読んでいただいた方。
長い長いお話にお付き合いいただき本当にありがとうございました_(._.)

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています。
        ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



スポンサーリンク