こんにちは。


今日は長い文章になってしまいました。


もしお時間があればお読みいただけると嬉しいです。

 

✴︎  ✴︎  ✴︎


寒さに耐えられなくなったのか、元気をなくしたビオラ。


一晩、家に入れてやるとちゃんと元気に復活🌸


健気だなぁ〜 (๑˃̵ᴗ˂̵)


IMG_8216



私は以前、人と会って別れる時は
「バイバ~イ」といっぱい手を振っていました(;^ω^)

でもある出来事をきっかけに思いっきり手を振ることが
少し怖くて出来なくなりました。

その出来事は阪神淡路大震災です。

この震災で私は叔父と叔母を亡くしました。

亡くなった叔母と最後に会った日のことが
とても印象に残っています。

叔母に誘われ、私たち姉妹は
叔母と一緒に食事をしたことがありました。

食事をしながらとても楽しい時間を過ごしました。

食事が終わり
私たちは駅へ行くエスカレーターで叔母と別れました。

私たちはエスカレーターの下。

叔母はエスカレーターを上がっていきました。

叔母と私たちはお互いに「バイバーイ\(^o^)/」と
ずっと手を振っていました。

途中、エスカレーターの上の天井が邪魔になる感じで
叔母が見えなくなりそうになったのです。

その時、優しい叔母は私たちのことが見えるように
前かがみになって、のぞき込むようにして
ニコニコしながらいっぱい手を振ってくれました。

私たちも前かがみにまでなって
手を振る叔母の姿が面白くて
見えなくなるまで「バイバーイ\(^o^)/」と
思いっきり手を振り続けました。

その時の叔母の姿が可愛くて
私はず~っと記憶に残っていました。

でもあの時の面白いバイバイが
叔母との本当の別れになってしまいました (´;ω;`)

震災の日、叔父とも叔母とも連絡が取れず・・・。

その後、叔父と叔母が亡くなったことを知り
悲しみと同時に叔母との長い長いバイバイのことを
ずっと思い出していました。

まさか自分が地震で亡くなるなんて
想像もしていなかっただろうし
私たちも最後になるなんて思ってもいなかったことです。

でもあの時を思い出すと
私たちは最後だからあんなに手を振ったんだって
思ってしまいます (´;ω;`)

そう思うようになってから

私は、人と会ったあと

別れ際に、いっぱい手を振ることができなくなりました。


それが最後の別れにならないように…。



私もあの震災を経験しました。


食器棚の中の物はほとんど外に飛び出して

割れていました。

一瞬の出来事です。

このブログを読んでくださっている方の中にも

同じ経験をされた方がいらっしゃるかもしれませんね。

✴︎  ✴︎  ✴︎

何か買い物をするとき

まずは家の中のどこに置くかを考えます。


そして置く場所が安全な所に置けるかを考えます。


家族が寝るところは物が落ちてこないかな?とかも
考えます。

そうして家の中の物の配置も考えています。

(もう背の高い家具は置いていません)


小さなお子様のいらっしゃるお宅なら

リビングなどでお子様がお昼寝をしてしまった時にも

物が落ちてこないように物の配置をされたりすると

いいですよね。


本当は物が少ないのが理想ですが

なかなか簡単には減らせないかもしれません。


本当にいらないものだけでも手放していって

それまでは落ちてきそうなものは

転倒防止の粘着シートを使ったり

留め具などでしっかり留めておくのもいいかな〜と思います。


そうしておくと、もし急に揺れだしたとしても

倒れてくるものがなければ

ほんの少しでも気持ちに余裕が持てるかもしれないし
逃げる行動に移りやすいと思うんです。


✴︎  ✴︎ ✴︎


以前住んでいた名古屋で
友人の中に大きなタンスの前で寝ている人が3人いました。

それを知って、震災の時の話をして
「タンスの前で寝るのをやめて~」と

3人にお願いをしました。


お願いをしてみて
3人のうち2人はタンスのない部屋で

寝てくれるようになっています(^^)v


あと1人…あまり無理強いはいけないんだけれど

今もまだ時々お願いしています。


大切な友人だから。


地震が起きた時に

家の中にいるかどうかは分からないけれど

もしかしたら寝ている時かもしれないので・・・(≧∀≦)



地震は一瞬で人の命を奪うことを知りました。


あの震災から今日で26年。


私はあの日のことを忘れないようにします。


これからも私は人との別れ際は
ササッとバイバイすると思います (*´ -`)(´- `*)


長い話しを
最後まで読んでいただきありがとうございました。

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
     
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加しています。

スポンサーリンク