こんにちは。

今日は家の中に風が通ってとても気持ちがいいです。

IMG_1561


もうみなさんは、冬のお布団は片付けられましたか?

わたしはこんな暑くなってからやっと片付きました。

掛け布団はコインランドリーで洗います。

これまではコインランドリーで洗う→乾燥を一度にしていたのですが

お店の方が
「洗うのと乾燥は分けて、乾燥は乾燥機で乾かしたほうが完璧に乾くよ」
と丁寧に教えてくださったので、今年はその方法でやってみました。

これまでは半乾きの布団を持ち帰って、ベランダに干す手間があったのですが
その必要は全くありませんでした。

羽毛布団2枚を90分間乾燥機にかけました。

本当にフッカフカでした*\(^o^)/*

さて、次は掛け布団カバーを取り付けないといけない。

わたしはこの作業があまり好きではありません(^^;)

我が家は全てファスナーがついたカバーを使っています。

最近はカバー掛けがしやすいように、ファスナーがついていない角のところにも
ちゃんと手が入るぐらいの穴が開けてあって取り付けしやすくなっていますね。

IMG_1551

ピンクの丸い部分が空いているんですよね。


FullSizeRender

しかも、紐で結ぶのではなく、ボタンになっていて楽〜( ◠‿◠ )


でも我が家はまだ2枚分のカバーが紐で結ぶタイプで
しかも隅に手が入れられない昔のタイプ(⌒-⌒; )

FullSizeRender

取り付けしやすいカバーを買えば良いだけのことですが
まだ今のカバーが使えるので買えない。

以前は、布団とカバーを床に大きく広げて格闘していました。


娘たちが大きくなり、大人サイズの布団を使うようになって
家族4枚分のカバー取り付けをしだした頃
何とか、カバー掛けが簡単にできないものかと
ひざ掛けを2枚使って、
布団と布団カバーに見立てて
あ〜でもない、こ〜でもないと、いろいろ考えました٩( ᐛ )و

で、その時に私の中でこれが1番簡単かな?と思ったやり方で
今もカバーを付けています( ◠‿◠ )

もしこのタイプのカバーをお使いの方がいらっしゃったら
この後も読んで欲しいです(^^;)


まず、布団カバーを前面、裏返しにして布団の上に乗せます。

FullSizeRender

そして4隅の紐を全部結びます。


結び終わったら、次にカバーを裏から表の面にひっくり返すのですが
そのひっくり返す時に、布団をカバーの中に入れ込みます。
(この表現で伝わっているでしょうか?)

FullSizeRender

こうするとカバーが表を向いたときには、自然と取り付けが完成します。
あとはファスナーを閉じるだけ。

FullSizeRender

これがわたしの考えた精一杯の取り付け方法です( ◠‿◠ )

これで以前よりはかなり楽にはなっています。



お天気もいいし、ついでに押し入れに入っている布団も取り出して
布団乾燥機でフワフワにしておきました。

FullSizeRender

ホースを伸ばして布団にいれるだけなので、とっても楽です。

FullSizeRender


【送料無料】アイリスオーヤマ IRIS OHYAMA ふとん乾燥機 カラリエ KFK-C3-WP【新品・国内正規品】
【送料無料】アイリスオーヤマ IRIS OHYAMA ふとん乾燥機 カラリエ KFK-C3-WP【新品・国内正規品】


カバー掛けですが、他にもっと簡単な方法があるのかな〜とも思います。

もしあればぜひ教えてくださ〜い♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
     
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加しています。

スポンサーリンク