カテゴリ: 家族


こちらのブログへお越しいただきありがとうございます

先日、私の勝手な思い込みのせいで
久しぶりに怖い思いをしました。

勝手な私のドタバタ劇を
《仕方ない、読んでやろう》と思ってもらえたら
お付き合い頂ければと_(._.)_

一人暮らしの娘が東京に住んでいます。

仕事もあるだろうし、ずっとは連絡はとりません。

でも今はコロナの事もあって気になるので
「元気にしてる~?」ってラインをしたのです。

普段なら大体、次の日ぐらいまでには
返信はなくても既読にはなるので、安心します。

しかし、今回は数日既読にもならないので
なんとなく心配になり
次女に「お姉ちゃんに送ったラインが既読にならない」って言うと
普段なら「大丈夫、大丈夫!」と言う子が
すぐに姉に電話をしていました。

すると【電波の届かない所にあるか電源が切ってあります】の内容が
流れたようです。

(じゃあ、電波の届きにくい所にでも旅行してるのかな?)と
思ったりはしながらも、やっぱり気になっていたんです。

次の日になっても電話はつながりません。

私の頭の中で

何かあれば会社から連絡が来る?

会社に電話する?

ダメダメそんな事して何もなかったら迷惑だな~

でも電源を切るなんてことある?

なんで? なんで?


コロナの症状を聞いた中では急に体調が悪くなるとも
言っていたよな~

あの子は熱が出ると高熱になりやすいし倒れてる?


私の頭の中はアタフタ、アタフタ

次女に「とりあえず心配しても何も変わらないから、ママは一旦忘れ!」と言われる始末

次女は私が病院の先生から「できるだけ心配事をしないように」と
言われているのを知っているので
そう言ってくれたのだと思います。

でも心配事がある時ってどんどん悪い方に心配が広がっていくものですね(;´Д`)

私自身は、やっぱり主人が仕事から帰ってきたら
車で東京に行ってもらおうと思い出したところでした。

ところが私の知らないうちに
次女が姉との共通の知り合いを辿り
姉が何かSNSにあげていないかを尋ねていたようです。

その返事が友達から来なかったら
次女は東京へ行こうと思っていたようです🚅

そうこうしているうちに次女の携帯に
友達から連絡が入ってきたようで
長女のSNSに「携帯が壊れた」との内容がアップされていたと📱

それを見て、普段冷静な次女が
「お姉ちゃん、生きてるーーー。良かったー!良かったー!」って
それはそれは嬉しそうに大きな声で叫び
そのまま大きな声をだして泣き出したのです

今まで次女のあんな泣いた姿を見た事がなかったので
私は驚きました

私には「心配しなくていい」と言いながら
次女は心配していたのですね。

そして仕事に出ている主人にも、泣きながら
「お姉ちゃん大丈夫なことを確認できたよ」との
ラインをしていたようです。

私は娘の無事を知って
「生きててくれてありがとう」って思ったと同時に
これからも「とにかく生きてくれてたらそれでいい」って心底思いました。

勝手な私の思い込みで心配したことだったけれど
本当に怖かったです


 ✔一人暮らしだと家の電話もない。

 ✔私たちが引っ越してきた事で近くに子供の友達もいない。

 ✔長女は大学から下宿していたので友達も分からない。

 ✔ましてや就職先のかたの事はもっと知らない。

 ✔私は娘の引っ越しも体調が悪い時で行けなかったので
  住所は知っていても住んでいる部屋も知らない。

繋がりは携帯だけなんだなと実感

ほんと、無事でよかったー

私はインスタグラムやツイッターなどの事は
よく分からなくて見ることがないのですが
SNSは使い方ひとつでこんな良い点もあるのだと勉強になりました。

そして長女のSNSを確認して
連絡をくれたお友達に感謝です。

今回の事があり
「もし携帯が壊れたりしたら公衆電話からでもいいから
そのことだけはちょっと連絡してね」って
娘にLINEをしておきました。

娘はこちらでこんなドタバタしていたと
考えもしてなかったでしょうから
携帯が復活してから「何かライン来てたけど何やったかな?」って
ラインがきました(笑)

主人には心配の最中に「それは杞憂や^ ^」って言われていたけれど
心配が止まらない母親でした。


こんな頼りのない私が言うのもどうかと思いますが
皆さんも、もし単身赴任のご主人や
一人暮らしのお子様がいらっしゃれば
携帯電話以外でも何か連絡のつく手段をお持ちになると
いいですね。

            
それ以前にこんな早まった心配をするかたのほうが
少ないでしょうが

また改めて【何もないふつうの暮らし】
感謝しないといけないと実感しました。


長々と最後までお読みいただきありがとうございました



こちらのブログへお越しいただきありがとうございます

今日は娘の話で感じた事を・・・。

皆さんは会社を休んだ経験はございますか
体調不良・精神的にしんどい時・・・

「私が休んだら、同僚に迷惑をかけてしまうかも」
「周りの人にどう思われるだろう」
「毎日頑張って出勤しているし今日だけは・・・」

頭の中で、ああでもないこうでもない
と一人ミーティングが行われます。

そして、休むと決断し
会社に連絡する時のあの独特な緊張感

相手が電話に出るまでのコール中は
入社面接よりも緊張していたような気がします

でも、いざ連絡してみると案外すんなり休めてしまうものですね。
考えすぎだと笑われてしまうかもしれません
しかし若いころの私にとって仕事を休むことは
かなり緊張することでした。


そんな事を思い出したのは一人暮らしをしている
娘から「会社を休んだ!」と連絡があったからです

理由を聞いてみると、生理痛とのこと

娘は年に一度ほど、めまいや冷や汗・倦怠感・頭痛などなどで
起き上がるのもままならない時があります

私はそこまで生理痛が酷くないので
大変さは理解できませんが
一緒に暮らしていた時の様子で酷いのは知っています


娘が休むまでの経緯を話してくれました。

会社に電話をするまで1時間悩んだ。
電話では事務的な返事をされるだけで、すぐに休めた。

私が働いていた時に感じていた事と全く一緒ですね

そしてもう一つ。
生理痛と伝えるのが気恥ずかしかった

娘の職場は男性の割合が非常に高いため
欠勤理由を伝えることに、羞恥心や罪悪感を感じたそうです。

生理痛で欠勤するのは
なんだか悪い事をしているような気持ちになったとも。

また、娘は今の会社で長く働き続け
色んな部署で働いてみたいそうなので
欠勤すると不利になるのではないかとも考えたようです。

まだ入社して数年だと、色々と気になるんでしょう。

「体調不良」は男女関係なく
年に一度くらいなってしまうものですよね。



体調が回復した娘は元気に出勤したようです

欠勤理由を尋ねられた際には
生理痛が酷かったんです(*゚▽゚*)」と元気に答えたそうです

自分(娘)が生理についてオープンになることで
生理痛による欠勤に罪悪感を感じる女性を
一人でも少なくしたかったからだそうです。

もちろん
生理であることを知られたくない
恥ずかしい

という気持ちはあったようですが
それよりも職場の男性にとって
生理痛や生理休暇が身近なものになってほしい
という気持ちが強かったみたいです。


【体調不良と言えばいいのに】と
私は思いましたが
娘には、そう言う思いがあったんだと知りました


離れているのでどんな事を考え
どんな生活をしているのかを見れません。

娘が引っ越す時、私は布団の中にいて
娘の引越し準備も何も出来なかったし
引越しにも付いて行ってやれませんでした
同期入社の人はみんな親御さんが
引越しに付いてこられていたようです。
そんな中で一人で引越しをしたんだなと思うと
私は辛かったんですよね。
(本人は大人なんやから全然いいと言っていましたが

そんな形で送り出してしまったけれど
自分で色んな経験をし
色んな事を考えながら過ごしているんだな~と
何となく、ジ~ンときた親バカです

男性社員の多い中で、女性社員の皆さんが
生理痛です!って言えるようになったらいいですね

若い時は特に恥ずかしいと感じるものですしね(●´ω`●)

これからも色々なことがある中で
今回の事のように自分で考え行動している娘を
遠くからだけど応援したいです。

長い話にお付き合いいただき有難うございました

お手数をおかけしますが
下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています。 
        
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

こちらのブログへお越し頂きありがとうございます

昨日は母の日でしたね

主人と買い物から帰ってくると次女がケーキを焼いてくれていました

2DA9DB7B-FFCA-4625-9C03-DD59F2974388










私が豆大福が好きなのを知っているので
ケーキには、手作りの求肥と、あんこが入っていました。

あんこと、ビヨーーンと伸びる求肥が出てくるケーキは美味しかったです。

169D6E4C-629F-4F8B-88ED-3EB726EDFEC1









ありがとう😊ご馳走さまでした

残ったあんこは今朝トーストにのせて食べました。
これもまた美味しかったです。


東京にいる長女からは

「いつも連絡くれて心配してくれてありがとう。
次帰ったら、もちろん奢らせていただくので美味しいお店探しといてねー」って
LINEが来ていました。

行きたいお店は沢山あるけれど
まず行きたいお店のホームページを厚かましくLINEしておきました(笑)



母の日は、子供たちが「ありがとう」と言ってくれるけど、
それは毎年私が反対に子供たちに言いたい言葉です。

子供たちが生まれてきてくれたから
私が母親になれたのであって
母の日は私が子供たちに「いつもありがとう」の日です。



母の日でも、今は主人と私の両親には
コロナの事があるので会わないようにしています。

きっと、皆さんも同じように、会いたい人に会えていない方がいらっしゃる事でしょうね。

みんなが会いたい人に会える日が早くきますように!

最後まで読んでいただてありがとうございました。

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
     
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加しています。


こちらのブログをご覧いただきありがとうございます

ゴールデンウイークも二日目になりましたね。

今日は私のプチストレスのお話しを、、、

いつも必ず少し開いています  

扉、全開の日も多いですね


主人の仕業です! 


扉の中は珈琲のセットが入っています。

4F7392B6-B7AE-4035-84DF-E9BA22D52328

E39A297C-D249-49D7-955E-67FB990D01A8



主人は、料理ができない(しようとしない?)人です

でも、珈琲だけは豆からガリガリと挽いて淹れてくれます。

以前は私が淹れていましたが
体調を崩してからは何にも興味もなくなり
珈琲を淹れようなんていう気も全くなくなりました

その為、最近は週末の休みの日は主人が淹れてくれるようになりました。

そこは、感謝しているし、やっぱり人に淹れてもらう珈琲は美味しいです


が、しかし気になりますねー(´?д?;`)

何故、最後まで閉めれないのでしょうか?

まぁ、扉ぐらい開いててもいいんですよ
でも、もし地震がきたら、、、と
心配性の私はいつも思ってしまうんですよね

私が「また開いてるー」と言っても
笑うだけで毎回毎回絶対なおりません。

嫌がらせか?と思うぐらいです

今朝も朝から私が閉めました。

珈琲は朝と、3時ごろに淹れてくれます。
その度に、私は【またや(`□´)】と!

最初は何度も何度も「また開いてますけど〜」と
言ってたけどもうダメですね。
期待しません!はい
珈琲を淹れてくれるだけで、感謝感謝とします

連休、後3日。
そして、今後毎週末。
期待せずに私が閉めさせていただきます❗️❗️

でも、ほんとなんで閉めれないんですか?

不思議で仕方ないです(^-^;

もちろん洋服の引き出しもよく開いています

ちなみに、その引き出しは、かれこれ25年ほど続いてますね

皆様のお宅でも同じような事ありますか?


あっ!先日買ったキウイがあまりに可愛かったので

キウイ



今日は、愚痴のお付き合いを最後までありがとうございましたm(__)m

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています。
        ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


ご覧いただきありがとうございます

今日は家族の時間のお話を。


我が家の長女は社会人です。
東京で暮らしています。
リモートワークが出来る職種ではなく出勤しています。

今は日本のどこに住んでいてもコロナの感染が心配ですね。
ですので私は毎朝目覚めるたびに
娘は今日も元気にしているかな?って気になります。

コロナが夢ならいいのに・・・とも。


去年、体調が悪くずっと布団の中にいた時も
毎朝、目が覚めると寝込んでいるのが夢ならいいのに・・・と
思っていたのを思い出します。


娘は、今月初めに休みが取れたそうなのですが
こちらの事を気にしてくれたのもあるでしょうし
また、何かで東京へ戻れないといけないとの心配もあり帰省は諦めたようです。

普通なら帰ってきて会って話もしたいですが、
今回は、みんなの為に我慢しないといけなかったです。

また、落ち着いたら帰省できるかなと思っていたのに
どんどん帰って来れないようになってしまいました。

ニュースを見て「東京は今日は何人感染」とかの報道を聞くと辛くなります。
ですので出来るだけあまりニュースも見ないようにもしてしまいます。

もう社会人とはいえ、やはり親としては気になるものです。

ご家族が下宿をされている方
一人暮らしをされている方
毎日心配ですよね


そんな心配の中、自宅にいる次女が長女とオンラインを繋いでくれました。
感謝です。
3人で顔を見ながらパソコン越しに話しながら一緒に夕飯ができました

パソコン越しではあっても元気な顔を見ていると
やっぱり嬉しいしホッとしました。

3人の会話の途中、出勤している主人が帰宅しました。

帰宅した主人に長女が
オンライン帰省してるーーー! 」って言っていました。

<おぉー、確かにその言葉ピッタリ> 

みんなで話してたら4人でいるような感覚になりました。

今はこんな方法でも家族の時間は作れるのですね。

我が家は何年も単身赴任を経験しています。

今、単身赴任のお父さんが
なかなか自宅に帰れない話も聞きます。

小さな子供さんがいらっしゃる方なら
お父さんの事を恋しがるでしょうね。

今は、携帯でビデオ電話をされている家族も多いと思いますが
まだの方はオンライン帰省をされるとお子様も喜ばれるかもしれませんね。

お互いに離れて自宅で会話、、、、。
今はそれがいいですね。

毎日毎日、自分が出来ることは何かな?と考えます。

私だって保菌者かもしれない。

とにかく家にいることだなって思います。

大切な家族やお友達
もちろん周りの皆さん、そして自分を守る為にも
家にいることが出来る人は本当に本当に頑張って
出かける回数を減らせるといいなと思います。

一日でも早い終息を願います。

最後まで読んでいただてありがとうございました。

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
     
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加しています。

最後までお読みいただきありがとうございました



↑このページのトップヘ