こちらのブログへお越しいただきありがとうございます。


今日は私がブログを始めた理由と
始める勇気をいただいた方のお話を書かせてもらいますね。

少し長くなりますので、お時間のある方お付き合いください。

私は2年前に引っ越しをしました。

引っ越しは新しい環境、新しいお付き合いの始まりです

前に住んでいた所では14年間を過ごしました。

初めての土地でしたが、子供たちの繋がりで沢山のお母さん達と出会い
本当に幸せな時間を過ごさせてもらいました。

14年間の中で、10年間は主人も単身赴任であった為
お友達に助けてもらいながらの子育てでした。

そんなお友達とも離れ、こちらへの自分たちの引っ越しに加え
主人の転勤の引っ越し、娘たちの下宿や、就職の為の引っ越しと
2年の間に何回も引っ越し作業をしました。

そうしているうちに、私はいつの間にか体も心も疲れてしまい
食欲もなく、何故か毎日毎日涙が流れている日々でした。

家から出ること、台所に立つことさえ怖く、家事、運転、色んなことが全て出来なくなり
一年ぐらいは毎日天井をみて布団の中で時間を過ごすことに。。。

きっと、わたしのキャパを超えてしまったのでしょう。

テレビの音などはおろか、家族が歩く足音までもが苦しくて
このまま前の生活には戻れないのだと
恐怖と不安の毎日で辛かったです。

眠っている時だけが救われている時間。
目が覚めると、また苦しい一日の始まりでした。
しかし、病院へも通い、家族や身内の助け、お友達の連絡などに支えられながら
一年ほど経った頃に、少しずつしっかり眠れるようになり、食欲も戻ってきました。
少し楽になってくると、何か気持ちを救われるものがないかなとブログを見てみました。

以前から片付けやシンプルな暮らしなどに興味があったため
いくつかのブログを読みながら
「あー、また私にもこんな時間が戻ってくるのかなー?」と思いながら
ブログに助けられていました。

ブログで人を癒すことが出来るんだなとも感じていました。

元気を取り戻してきたとき
もしかしたら私にも何かできるのかな?

でも何か取り柄があるわけでもなくそれはおこがましい事?、、、と
考えだすようになりました。
なかなか行動には移せないまま、、、
ですが、ずっと気になってはいました。

そんなある日いつも拝見させていただいている
やさしい時間と、もたない暮らし」 様のブログの下に
いつも気付いていなかったコメント欄がありました。

なんでも怖がりで挑戦できない私が何故か
その時コメント欄にコメントをうってしまっていたのです。

「私にもブログが始めれますか?」などと

こんな内容に「やさしい時間と、もたない暮らし」様も驚かれたことでしょう。
本当に申し訳なかったです。

しかしそんな質問に丁寧に優しく返信をいただき
私にブログを始める勇気を与えてくださいました。

「背中をポンッておしてあげますよ」って(*^^*)

ほとんど家族としか話さない日々でしたので
メールが来たことで、社会と繋がった感じを覚え
涙が止まりませんでした。

そして、その時「背中をポンッ」と押されるという感覚を
初めてしっかりと感じたのです。

あの感覚は今でも忘れられません。

お会いしたこともない方に、こんなに勇気をもらえて本当に幸せでした。
だから、私は体調の良い時に
ゆっくりゆっくりブログを書いてみようと決心しました。

いつも、『あれもできない、これもできない』の私が
今、新しいことに挑戦し始めることができています。


私は、出来れば長く続けたいけれども、こころや体に無理をして
また前のように寝込むのは辛いので、
まずはブログを楽しめたらいいなと考えています。



そして、もし私のように疲れてしまった方がおられたら
とにかくしっかりしっかりと休んで欲しいです。

自分で、体は大丈夫だと思っていても脳が疲れているそうです。

早く家事もきちんとしないとと
布団の中でもずっと不安ばかりを抱えていましたが
元気になる近道、、、結局それは「しっかり休むこと」だということが
今、分かりだしています。

私は今は、先生に教えられて
無理をせず少し手抜きをする自分になるように心がけています

まだ完全な体調ではないですが
このブログと一緒にゆっくり前に進んでいきたいです。


長文にお付き合いいただきありがとうございました。