カテゴリ: 優しさの、かたち


こんばんは。

久しぶりに、たこ焼きをしました。

今までのたこ焼きより一層おいしいたこ焼きでした。

それは友達から貰ったBRUNO(ブルーノ)のたこ焼き器で作ったから( ◠‿◠ )

IMG_6380


お肉などを焼くプレートも付いていました。

このホットプレートは
引っ越してくる時にプレゼントしてもらいました。

私は、子供たちが小学生の低学年の頃

朝食にホットプレートを使っていたことがあります。


そのことを友達にも話したことがあります。

10数年前に…。


友達はそのことをちゃんと覚えてくれていたんですよね。

「また朝食作りに使ってね」って

この可愛いホットプレートをプレゼントしてくれました。

たまたま我が家で使っていた

たこ焼き器が壊れて、処分したところだったのですごーく嬉しい(°▽°)


そして、何よりもそんな前の朝食の話しを

覚えていてくれた事が嬉しい(*^▽^*)


FullSizeRender

引っ越しの当日は

荷出しが終わった時にはもう外は真っ暗でした。

そんな中で、何時に終わるかもわからないのに
お花を持って家の前で待ってくれていました🌷


荷出しで疲れた後に

思いがけずお友達の顔を見れたことで疲れも和らぎました^ ^


《相手がどうしてほしいのか》
そんな事を考えて、いつも自分より相手を気遣う友達でした。

夫が単身赴任だった時の心細い子育ても

いつも友達が一緒に支えてくれていました。


また会って顔を見て話したいなぁ〜っていつも思います^ ^


友達との大事な時間を思い出しながら
いつもより美味しいたこ焼きを食べることが出来ました。


きっと、これからもこのプレートを使うたびに
いつもこの友達を思いだすんだろうな~(´∀`*)


★  ★  ★


今は、たこ焼きをする時に
プレートに油を塗るいい油ひきがありますね(´∀`)


我が家ではキッチンペーパーに油を染み込ませ
それをお箸を使って塗っています。


IMG_8243

後片付けの洗い物が簡単で楽です^ ^

最後まで読んでいただてありがとうございました。

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています。
        ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

こちらのブログへお越しいただきありがとうございます

今日は、お友達の優しさのお話です。

お時間があれば、お読みいただけたら嬉しいです

BD7FB672-CC00-40D3-99A7-A210B5D74CE1












今回はDさん!


Dさんは、子供が小学生のときに知り合ったお友達です。


私たちが住んでいた地域は転勤族が
とても多い地域でした。


友達ができても、みんないろんな所へ
引越しされていくんですよね

引っ越すほうも寂しいけれど
残されるほうも寂しい

寂しいけれど色んな所にお友達がいることを
嬉しいと思うようにしていました。

今回のDさんは関西出身。
私も関西出身。

言葉の話し方で知り合えたと言っても間違いはないです。

Dさんから「関西弁で話してるお母さんがいるって子供から聞いて
会いたかったんです」って
スーパーで声をかけてもらったのが始まりでした。

でも、出会ってからわりと早い時期に、
Dさんは転勤で引っ越し。

その後は、時々連絡をとっていました。

でも、遠くて会うことは出来ませんでした。

その後、Dさんはまた転勤で
結局関西に引っ越して永住を決めました。

今回、私は関西に住むことになり
電車で1時間ぐらいは離れているけれど
十分会える距離になりました。

でも、すぐに私の体調が悪くなったことを知り
Dさんはわざわざ家まで会いに来てくれました。

その後もDさんはLINEやメールで
ずっと励ましてくれていたのです。

Dさんの知り合いにも同じように寝込んでいる方がいらっしゃったので
あまり説明をしなくても、こちらの様子をよく分かってくれたので
電話で話してくれていても私は楽でした。

Dさんは仕事もあるし、忙しい毎日の中での
連絡だったと思うのです。

夜中、私が眠れていないのも知っていたので「大丈夫か?」と、
LINEや電話をくれていました。


そんなある日、Dさんと電話していると
Dさんは「ご主人と話したいんだけどダメかな?」と言いました。

私が主人に尋ねると「全然いいよー。」って承諾してくれたので、
電話を主人に渡して、私は布団の中にいたのを覚えています。

20〜30分は話していたのかなー?

Dさんは主人との面識なんて
ほんの数分ぐらい会ったぐらいだったので、
話すのも勇気がいったと思います。


その頃、私はまだまだ体調も悪かったし
Dさんと主人がどんな話をしたかもよく知りません。


ただ、電話を切った後、主人からは
「本当にありがたい。感謝しないとダメやな。
こうやって支えてくれている人がいるんやで」と
話してくれました。


最近になって主人に聞いてみると、
Dさんは主人との会話の中で、
知り合いの方の病気を見て経験もしているので、
いろんな事を話してくれたようなのですが
moroちゃんを支えてあげて欲しい」という事を
言ってくれていたそうです。

私はそれを聞いたとき、本当に嬉しかったです

連絡だけはとっていたにしても
何年も会っていないDさんが、
ほとんど話したこともない主人に
そんな事を言ってくれていたんだと思うと…

それに私ならDさんのご主人と
電話で話せるだろうか?とも考えました。

Dさんのしてくれた行動が
寄り添うというひとつの形なのですね。


外に出れるようになってからは
何度かDさんと会えました。

(今はコロナでなかなか会えなくて残念です)


少し歳上で、物知りでいろんな事を教えてくれて
頼りになるお姉ちゃんみたいです(笑)

自分の知らないところで、
主人に話をしてくれたDさんの優しさに
本当に感謝しています。

会っても、いつも私の体調を気遣いながら行動してくれます。

さりげない優しさを持つDさんを
【カッコいいなー】って思います。

Dさんの優しさを忘れないように、大切にしたいです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
     
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加しています。


こちらのブログへお越しいただきありがとうございます

木漏れ日が爽やかですね(*´ -`)(´- `*)

B7308F5B-19FC-436D-9AEF-9DF57A5C23E7










今回もお友達の優しさのお話を書かせて下さい。

もし、お時間があればお付き合いください。

今回は、前に住んでいた所のお友達Cさんの優しさです。

Cさんとは子供を通じて知り合いました。

近くに住んでいたこともあり
Cさんのお家の近くの公園の椅子でゆっくり話をした記憶があります。

引っ越した頃は、私は知り合いもいなかったので
話をしてもらったことで、とても安心したのを覚えています。

もう18年ぐらいのお付き合いになります。

子供たちも大きくなり
中学校などは違ったのですが
高校、大学の受験の時期などになると
お互いに学校の事などの、情報交換などをしていました。

そのお友達は、一緒にランチをするとかは、ほとんどなく
電話をくれたり、家に寄ってきてくれたりして会っていたぐらいです
あとは、LINEで連絡をしたりでした。

そんなCさんとも、こちらへ引越したことで離れることになり
本当に寂しかったけれど
引越した後も、ずっとLINEや電話をしてくれていました。

そんな頃でした。
Cさんや、他の友達と離れ離れになったことや
家族の度重なる引越しなどの疲れもあり
私は、だんだんこころの苦しさに耐えれなくなり病院へ行きました。

その後、病院へ行った事をCさんに伝えました。

そしたら、Cさんが「私も子供が小さい頃に
自分が少し様子がおかしくて、病院に行ったことがあるよ」って
教えてくれました。

「そんな辛かったなら、病院に行ったらいいんだよー。
先生に話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になるからね」と。

その話を聞いた時に、心からホッとしたのも覚えています。

本当にいつも穏やかで優しくて、のんびり屋さんだから
私は癒されていたのに
お友達にもそんな辛い時があったんだなって驚きました。

そして、やっぱり病気を体験した人の話を聞くと
私も安心できたし
「moroちゃんだけじゃないよー。 いっぱい同じような人がいるから」と
電話でいろんな話をしてくれました。

そこで、私は【自分だけじゃない。言うか言わないかだけで
人はそれぞれ状況は違っても、いろんな事があるんだな】って考えさせられました。

普段でも「みんな、いろんな事を抱えながら生きている」
そう思うことは出来ていましたが
自分が寝込んでしまって辛いときは
余計に、そういう事を実感できるんですよね。

Cさんとは長く付き合っていても
あまりランチに行かなかった理由も分かりました。

私は自分からあまり人を誘うタイプではなく
誘って貰ったら、ありがたく喜んで出かけていくタイプですので
Cさんからの誘いがなければ
ランチに出かける事もほとんどなかったんですよね。

覚えている中では一緒にランチをしたのは
2回だけだったように思います。

Cさんは、元気ではあるけれども
≪ランチに行って、楽しんで≫という事をあまりしなかったようです。

そういうのも今回初めて知りました。

Cさんが辛い時期だったのは
20年ほど前の事なので、そんな事は一切話さずにいたので…

電話でも楽しく話してくれるし
会っても、明るく優しく接してくれていたので
私は癒されてばかりだったんだなーって申し訳なくも感じました。

私がまだ今も病院に行っているように
Cさんも時々病院には行っているようです。

きっと、少し先生と話すと安心するのかもしれませんね。


Cさんは、もう元気ですが時々しんどい時もあるようなので
「最近はちょっと気分が晴れないんだよね~」とか
ワンちゃんのお散歩の途中で
「もう外は、こんなお花が咲いてるよ」って
写真を送ってくれたりして
外に出れない私に外の様子を届けてくれていました

そんなLINEがどんなに有り難かったことでしょう(^∀^)

引越して、家族以外と話すことのない時に
【1人じゃないんだ】って思わせてくれたんですよね。

私は今、Cさんに助けてもらっているのに
Cさんは私と同じような辛さを
小さな子供を面倒みながら
なんとか頑張ってきたんだと思うと
こちらが辛くなるぐらいでした。


私は、今も病院に行くと
先生に「毎日、無理してない? もう子供からも手が離れるんだから
自分のことに目を向けて、楽に過ごしていくようにしないといけないよ」と
いつも言われるのに
やっぱり怠けているようで、申し訳なく思う時があります。

でも、そんな時いいタイミングで
Cさんが「しんどいときは、休んだらいいんだよー」などと連絡をくれるので
先生の言葉も一緒に思い出させてくれます。

私とは全く同じ症状ではなかったようですが
やっぱり、病気の経験からの話をしてくれるので心強いです。


人は同じような立場になると【相手がどうしてほしいのか、どう言って欲しいのか】
そう言う事がきっと分かるんですよね。

今もずっとずっと、Cさんから
「無理をしなくていいんだよ〜。楽しみを見つけようね~」
って言う
優しい言葉ををもらっています。

私は、お友達などにはブログを始めた事は話していないですが
ここで、Cさんに「いつも、ありがとう」って言いたいです^ ^

そして、このブログに残して感謝を忘れないようにしたいです。

       □■□■□■□■□

このブログを、お読み頂いていらっしゃる方の中にも
辛いおもいをコメントにしてくださっている方もいらっしゃいました。

こころや体の楽な日が、1日でも増えていたらいいなと思っております


最後まで読んでいただてありがとうございました。

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています。
        ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



こちらのブログへお越しいただきありがとうございます

最近、平日は娘についてもらって食料品の買い物に行くぐらいで
なかなか外に出ることがないです。

休みの日には主人に連れてもらって公園へ行ったり出かけるようにしています。

AEB4F12C-A85D-4F7D-8CFF-930C27DCA9D0


















玄関から出られなくなってしまっていた頃を思うと、
出かけると、【外にいるんだなー】って感じます

そして今、体も心もダメになってしまっていた時の
お友達や身内の優しさを思い出します。

今回、優しさには、いろんな形があるという事を人から沢山教わりました。


今回は前に住んでいた所の友達の
Aさん、Bさんのお話をさせてくださいね(*´ -`)(´- `*)

もし、良ければお読みください<m(__)m>

引っ越してからも、ずっと2人と
LINEや電話で連絡はとっていました。

でも、私の様子がおかしいことに気づいてくれていて
新幹線に乗って、3時間以上はかかるのに
ホテルに泊まり、様子を見にきてくれたり、
2人揃って日帰りで来てくれたりと一緒の時間を過ごしてくれました。

他には「ちょっと出かけて、これを見たらmoroちゃんが少しは癒されるかな?って思ってねー」と
かわいい陶器の置物やブレスレットなども送ってきてくれました。

静かな音楽を布団の中で聞いたらいいよと
CDも持ってきてくれたりもしました。

そして食べれると思った時にすぐに食べれるようにと
冷凍食品を沢山送ってきてくれたりと
それはそれはお世話になりました。

「旅行に行った気分になれるよ」って
飛行機の中から上空を映した映像と音楽を送ってもくれます。

2人とも仕事をフルでしているので
お休みの日は、ゆっくりしたいはずです。

でも、遠い所まで来てくれたり、贈り物をしてくれたりと
ずっと気にかけてくれているんですよね。

私は、この恩返しを何で返したら良いのか分かりません。

でも、きっとお友達は「moroちゃんが元気になってくれること」って
間違いなく言うだろうと思います。

元気になって、また何か恩返しが出来たらと思います。

Aさん、Bさんは家に来てまず直ぐに「よく耐えて頑張ってるよ」ってハグをしてくれました。

体の力が抜けてしまいそうな温かい気持ちになれた瞬間でした(ノ◇≦。)

遠くにいても、すぐに飛んできてくれる優しさを私はもらいました。


もし、今後私の周りで辛い人がいたら
このお友達たちのように寄り添ってあげれたらと思います。


時々、こうやって人にもらった優しさをブログに書ければ、、、と思っています。

私が感謝の気持ちを忘れない為にも(*´ -`)
          
     ○●○●○●○●○○●○●○●○●○    

こうしている今でも、きっと私と同じように辛い思いをされている人もいると思います。

1人で抱え込まずに、そして自分を責めずに、
話せる人に沢山話しをできていたらいいなと思います。


最後まで読んでいただてありがとうございました。

下の写真をポチッと押していただけると嬉しいです^^
     
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加しています。

↑このページのトップヘ