カテゴリ: つれづれに・・・


こんばんは。

今日は扇風機を洗って
ベランダに干していると
風向きの関係かな?

遠くに見える海から
汽笛が聞こえてきて
清々しい気分になりました😊

FullSizeRender

主人が転勤になり
単身赴任をしてもらう事になりました。
     
 

以前にも主人にはいろんな所で
単身赴任をしてもらってきました。

これまでの単身赴任の時は
わたしは娘たちと一緒に
暮らしていました。

毎日、食事を作るので
主人の分も一緒に作っておいて
そのおかずを冷凍して
毎週主人の単身先へクール便で送っていました。
   


今回もクール便で送ったら
主人の食事も安心なのですが
でも今はもう毎週
送る元気はないなぁ(^_^;)

もう無理はしません。

となると、
これから2人の食事って
どんな風になるかな〜?

わたしの周りは
転勤族の友達が多いので
ちょっと友達に尋ねてみると
ご主人はお弁当や冷凍食品を買ってきて
食べている人が多いようです。

少数派ですが
自炊するご主人もいらっしゃいます。

きっと我が家の主人は外食かお弁当。

または家でパスタやレトルトカレーなどを
食べるかな〜?って思います(^ ^)

50代になって
毎日こんな食事はどうなんだろう?ε-(´∀`; )


そしてわたしはと言うと
自分だけの為に
どんな食事を作るのかな〜?

普段、料理をしていると
主人がいたら
どうしても品数を増やしてしまいます。

料理は人に食べてもらうから
作るのが楽しい部分も
大きいなって思うんですよね。

1人だと多くの食材を
買っても残るから
無駄にするのは勿体無いしなぁ。

話が少しそれますが
わたしは通院をしていて
お薬を飲みだして4年が経ちました。

通院しだした当初は体調が悪く
全く食事が摂れていなかったので
どんどん痩せてしまっていました。

食欲が戻るように
お薬が処方されました。

すると服用に伴って
食欲がどんどん出てきて
体重が一気に増えました。

おかげで、もうたんまり脂肪の
蓄えはあります(笑

毎日飲み続けていたお薬も
最近は、やっと一日置きに
飲むようになったので
太ることをもうお薬のせいには
出来ないf^_^;

だからこのひとりご飯を機会に
わたしはキチンと栄養は摂りながら
食べる全体量を
少し減らしてみよっか・・・とも。

食費と体がコンパクトになり一石二鳥。

うんうん。
やってみようヽ(´▽`)/



主人には単身先では
お弁当などを食べてもらったりして
時々はわたしも気が向いたら
冷凍のおかずを作って
冷凍便を送ったりもしよう。

そしてわたしが
主人の単身先へ行った時は
向こうでおかずを作って
冷凍して帰ってこよう。


主人はきっと隔週置きぐらいで
神戸に帰省をするかなと思うので
その帰省した時に
ちゃんと料理をして
野菜やお魚を
しっかり食べてもらおう。

そしてわたしもその時は
いっぱい食べよう(笑)

うんうん。
そうしようヽ(´▽`)/


今日は、これからどんな感じの
食生活にしていこうかな〜って
な〜んとなく考えていました(*^^*)


ブログを覗いて頂いた方の中にも
ご主人が単身赴任の方も
いらっしゃるかも知れないですね。

皆さんどんな食生活を
されているのでしょうか?( ◠‿◠ )

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


 


こんばんは。

コロナ感染後、約1か月
味覚嗅覚が機能していませんでした。

やっと食べ物の味が
少しずつ分かるようになってきて
食べる楽しみが戻ってきました( ´ ▽ ` )

FullSizeRender


少し前ですが
整理収納アドバイザー仲間さんとの
交流会がありました。

みんなの話を聞くと
みんなそれぞれ素晴らしい活動を
されていました。

そんな頑張っている話を
聞いていると
わたしはみんなの様には
出来ていないなぁと
焦る気持ちになりました(^^;;

でもわたしはそう言うときには
『わたしは、わたし』
考えるようにしています。

わたしは、わたしが出来る事を
わたしのペースでやればいいんだと
自分に言い聞かせていますσ^_^;


こう思えるようになったのは
数年前にこころの病を
患ったからなんです。

自分のキャパをこえて
無理をしたら
こころが疲れてしまう事を
知ったからです。


アドバイザーの活動だけではなくて
生活全般において
良い意味で人と比べずに
自分なりのペースで
進んで行けたらなと思います。


もしわたしのように
人と比べて焦る事があったら
『わたしは、わたし』って
一度思ってみて下さいね( ◠‿◠ )


今日も最後まで読んで頂いて
ありがとうございました。


ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村






こんばんは。

娘と待ち合わせをした時に
撮った一枚です。

高いビルの表面に
前に建っているビルが映り込んでいます。

夕方にこの光景を見るのが
すごく好きです(^ ^)

IMG_2985

わたしには少し年上の
いとこのお姉ちゃんがいます。

遠く離れているので
もう何十年も逢えていません。

わたしは逢えていませんが
わたしの母親はそのお姉ちゃんに
時々会う機会があったので
母親からはお姉ちゃんの話を
よく聞かせてもらっています。

そんなお姉ちゃんとわたしも
スマホのLINE(ライン)では繋がっています。

数日前にLINEでやり取りをしている中で
最後に書いてあった言葉を読んだ時に
こころがふわっと穏やかになったんです(*^^*)

その言葉は
『皆、生まれて来てよかった
 と思える人生であってほしいね』

と言う一文でした。

お姉ちゃんはとっても優しい人なので
こんな言葉が自然に出るんだろうなって
想像がつきます。

わたしはこの一文を
何度も読み返してしまいました(^^;;

日々、生活を送っていると
楽しいこと・嬉しいことばかりではなくて
悲しいこと・辛いこと・しんどいこと
いろんな事がやって来ますね(⌒-⌒; )

それでもそんな毎日の
あれやこれやをひっくるめて
生まれて来て良かったなぁって
思える人生に出来たら嬉しいですね。


今回のお姉ちゃんの言葉を
若い頃に聞いていたら
こんな何度も読み返すほど
こころに響いていたかどうかは
分からないです。

やっぱり歳を重ねてくると
自分のこれまでの人生と重ねて
こういう言葉がス〜ッと
入ってくるのかもしれないです。

色んなことがある中で
辛いことなんかも
ず〜っと後になると
笑いながら話せることもあって
あれもいい思い出となるんでしょうね。

実際わたしもそんな事があって
当時は辛かったけれど
あれも含めて今の毎日に感謝できています。



LINEであっても
文字で伝える言葉は
相手を穏やかな気持ちにも
させてくれるのですね。

いつもいつもは難しいけれど
口から発する言葉
文字で表す言葉は
出来るだけ気持ちのいい言葉を
発するように心がけたいなと
今回、改めて思いました。


時間は有限で
いつまでもいくらでも
続くものではないです。

その時その時を大切にして
そして生まれて来て良かったって
思える日が増えると嬉しいですね( ◠‿◠ )

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

   
ブログの更新通知をLINEにお届けします
読者登録いただけると嬉しいです♪( ´▽`)
     ↓


こんばんは。

今月もいつもの病院へ行ってきました。

先生と話すと
全てのことにおいて
楽に生きれば良いんだって
毎回思わせてもらえます。

FullSizeRender

病院からの帰りに
わたしのこれまでの病気に関しての事を
考えながら帰ってきました。

今日はすごく長い文章に
なってしまいました(⌒-⌒; )

お時間があれば
良かったら読んでもらえると嬉しいです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

わたしは小学生と中学生の時に
手術をした経験があります。

そして数年前には
こころの病を発症して
更年期も重なり
ずっと外に出られない生活を
送っていた時期もありました。

こんな経験をしてきたので
周りでいつも元気に動いている人を見ると
羨ましいなぁって思ったりするんですよね(^-^;

でも人を羨んでいたって
わたしが強い体の持ち主にはなれない(笑)

そんな事を考えていて
病院の帰りに思った事があるんです。


それは今この年齢になったから
思えた事もあるのですが 

『病気をしたって
悪いことばかりではなかったなぁ』と言うこと。

『わたしにはたくさんの
気付きがあったよな〜』と言うこと。



わたしが子供の頃に手術をするために
入院したのは完全看護の病院でした。

両親が面会に来れるのは
曜日も時間も決まっていたので
小学生のわたしには
寂しかったですねぇ(^_^;)


沢山の検査をしたり
痛い治療をしたりしても
そばにはずっと両親がいないから
毎日不安でいっぱい。


手術をした日も
麻酔が切れてきて
痛くて痛くてつらくても
面会時間が終わると
両親は帰らないといけない。

そうなるとわたしは看護師さんに
頼るしかなかったんです。

その時にお世話をしてくれる看護師さんたちは
皆さんとても優しかったです。

痛みと寂しさで泣いているわたしに
「moroちゃんはいっぱい泣くから
 バケツを持ってこないとね〜😂」と
言ってくれていました。
(わたしの寂しい気持ちが
 ほぐれるように・・・^^;)

そしてずっとわたしに付いてくれて
色んな話をして下さいました。

あの時のことを
わたしははっきり覚えているんですが
後になって思うと
あれが人に寄り添うということの
一つなんだなと思います。

そしてまだ小学生だったわたしは
「人には優しくしないといけないんだな」と
あの時に思ったのを覚えています。


そして退院をして
数ヶ月後に学校へ行くと
以前楽しかった学校なのに
下駄箱のところから
恥ずかしくて教室に行けなかったり。

みんなに付いていけるかな?
と言う不安がいっぱいだったりと
入院をしなかったら
経験していない感情を
次々とたくさん持っていた気がします。

でもまたそこでも
わたしの不安を
和らげてくれた先生や友達が
いてくれたりして
沢山の人に支えてもらう
と言う経験もしました。


こころの病の時も同じです。

沢山の人に支えられました。
そこで気付かされたことも
山ほどありました。

病気をしている最中は
こころから気付けていなかった事も
後になってジワジワと分かってきました。

それに気付けるように
わたしは病気になったのかな?と
思ったこともありました(⌒-⌒; )


こうして病気という
辛いことの裏側には
経験しないと分からない
気付かされるものがあるのだと思います。

わたしが小学生で入院をしている時に
完全看護でわたしのそばに居てやれないと言う
両親の辛い気持ちも
いま自分が親になって少しは分かります。


生きていたら
そりゃ〜泣いたり怒ったりする時もあるけれど

朝、目が覚めて
「おはよう」と言えて。

ご飯が食べられて。

空がキレイだなっと感じられて。

外に出ることが出来て。

主人が無事に帰ってきてくれて。

「おやすみ」と言うことが出来て。

離れているけれど娘たちがいてくれて。

あれもこれも当たり前のことに
感謝ができるようになります。


すごい事が無くても
幸せのハードルが低くなるので
幸せを沢山感じる事もできます。

病気で辛い人の気持ちも
少しは分かるかもしれません。

相談されたら
病気で辛い時のわたしなら
どうして欲しかったかな?って
考える事も出来るかもしれない。


病気をしていた時は
ただただ辛いとしか思えなかったけれど
あの時の経験が
今のわたしの糧になっていると思います。

だから病気の経験も
悪い事ばかりではなかったかなと思えています。



この記事を読んでいただいている方の中にも
もしかしたら辛い時期を過ごされている方が
いらっしゃるかも知れません。

今は辛いけれど後になったら
あれも良い経験だったなって
思える時が来るかも知れない

と、そんな風に思ってもらえたらな〜って
考えながらこの記事を書いていました(*´ー`*)


今日は長々とお付き合いを
ありがとうございました。


ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村










こんばんは。

農協へ買い物に行ってきました。

野菜が新鮮な上に
花も綺麗でお値段も優しい。

こんなに沢山のトルコキキョウが
200円でした(*゚▽゚*)

FullSizeRender


少し前のことですが
約20年ぶりにお友達と会いました。

長女が小さい頃は
団地に住んでいたのですが
その頃のお友達のママたちです。

わたしたち家族は主人の転勤で
長く名古屋で住んでいたので
神戸に戻ってきて久しぶりの再会でした。

わたしを含め4人。

年齢はみんな50代です。

『みんなどんな風になっているかな〜?』

もちろんわたしは20年という年月分
見た目も十分それなりに・・・って感じですf^_^;

『ま〜、みんなもそんな感じよな〜』と思って
出会ったのですが・・・

なんで?

みんな若い!

衝撃でした(◎_◎;)

しかも一人はお孫ちゃんもいて
もうばあばになっている(*^▽^*)


20年分の話をして
楽しい時間を過ごして
家に帰ってから数日考えてしまいました。

『なんでみんなあんなに若いの?』って!

考えてみて分かったのですが
みんなめっちゃ笑っていました(笑)

若い子が【お箸が転んでも面白い】って言うけれど
あれに近い感じでした😂

昔を思い出してもそうです。
あの3人はよく笑ってるイメージです(о´∀`о)


笑っていたら若くいられるのか?って言うと
必ずそうではないかも知れないのですが
みんながイキイキとして笑って
楽しそうに話しているのを見ていると
若くいられる秘訣の一つなのかもって
今回は思ってしまいました( ´ ▽ ` )

時間は有限!!

大切な時間だから
元気で笑える時は
笑って過ごせるといいですね^ ^


ただ、わたしも体調を壊して
ず〜っと寝ていた頃、
天井を見て過ごしていた時は
笑うなんてほど遠いことでした。

一日、一日が過ぎていく事だけに
必死でした。

だからしんどい時は
無理に笑うなんてしなくていいし
その日その時にできる事だけを
やっていけていたらいいなと思います。

あの頃を振り返ってみると
わたしが毎日出来る事といえば
ひたすらジ〜ッと静かに
耐えることでした。

今でもしんどくなる日は
笑うなんてそんな器用な事は出来ないから
一人でズーンと暗くなっています(^_^;

みんな良い時も悪い時も
あるんですよね〜^ ^

今しんどい時期にいらっしゃる方は
また良くなった時に
笑って過ごせたらいいですね(^ ^)

皆んながみんな
いつもいつも元気で明るくなんて
むずかしい事(⌒-⌒; )

わたしも元気な日は
ニコニコ笑って過ごしたいなって
思っています。

笑って過ごして
久しぶりに会った友達みたいに
若くいられたらいいな〜😂

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです^^
ブログのランキングに参加しています  
     ⏬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ